感染症予防の面会制限について

2013年12月16日 城東病院スタッフ

今年も、インフルエンザなどの感染症が流行する時期を迎えました。学校や職場、皆様のご家庭でも対策を強化されることと思います。

当院においても、免疫力や抵抗力が低下している患者様が多く入院されていることから、より一層の予防策に取り組むところです。

つきましては、下記の基準により面会を制限させて頂きたいと思いますので、事前にご案内いたします。

 

          記

1,インフルエンザ注意報が発令された場合

18歳未満の方の面会は、ご遠慮下さい。

 

2,インフルエンザ警報が発令された場合

面会を平日のみ(午後3時~午後7時まで)とします。

一度の面会は2名まで・30分程度とし、検温をお願いします。また、18歳未満の方の面会は、ご遠慮下さい。

 

3,院内でインフルエンザが発生した場合

 ⇒当該病棟または全館の面会を、ご遠慮いただきます。

 

インフルエンザ注意報・警報につきましては、山梨県から発令されるものに準拠します。内容は県のホームページで御覧いただけます。

 

これらの内容につきまして、身元引受人様から他のご家族や親族、面会に来院される可能性がある知人・友人・ご近所の方などにもお知らせ頂き、周知徹底をお願い致します。

 なお、病棟に入られる際には、アルコールによる手指消毒を行い、マスクを着用して下さい。

患者様・ご家族の皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解・ご協力をお願い致します。

      平成25年12月

       医療法人 慶友会 城東病院

            理事長 大塚勝章

            病院長 藤巻信也