サンクール城東 6月の音楽会

2014年6月25日 城東病院スタッフ

 梅雨らしい曇り空だったり、真夏のような暑い日差しの日だったりと、不安定な空模様が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、鬱陶しい梅雨時に室内でも楽しく過ごしていただけるように、サンクール城東介護施設のデイサービスでは、『6月の音楽会』と銘打ってイベントを行いました。

1001.JPG

   演奏を披露したのは、施設長(写真・右から2番目)と職員有志、そして施設長が通うギター教室の師匠である今井先生(写真・右端)によるバンドでした。

 普段なかなか耳にすることの少ない楽器の生演奏ですが、ギターの音色やリズムに乗って、手拍子をしたり、体を揺らしたりと、利用者様たちは思い思いに、それぞれのスタイルで音楽を楽しまれていました。 

1013.JPG  音楽には、癒しや心身活性化など様々な効力、不思議な力があると言われています。いわゆる音楽療法(ミュージック・セラピー)です。

 いろいろなジャンルの音楽が有りますので、童謡・唱歌、懐メロ、演歌、民謡、歌謡曲、洋楽、ジャズ、ロック、クラシックなどなど、それぞれのお好みに応じて楽しんで頂ければ良いと思います。また、時には好きなジャンル以外の音楽に触れることにも、効能があるようです。新鮮さであったり、新たな刺激になるという訳です。

 CDやラジオなど機械を通しての音楽も良いですが、ぜひ楽器や歌声の『生演奏』を聴く機会を創ってみてはいかがでしょうか?